<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 去年の今頃。 | main | 4月の営業予定。 >>
# 今日はこんな感じです。

 

ちょっとしたミスでお客様にご迷惑をおかけしてしまったり
集中力を欠いているのか、大事なうつわを割ってしまいひどく落ち込んだり・・・
もう少し仕事の入り方、気持ちの切り替え方を考え直さないといけないと反省しています。
 
 
年度が変わることで動き出すことも多いし、周囲でもあらたなプロジェクトが立ち上がっている。あらたな経験や学ぶことのできる機会は逃したくないのだけれど、自分の店を前進させることを第一に考え、未来に向けて関係のつくれる仕事を見極めていきたい。
 
 
もう長い期間、頭の中にこれからのお店のあるべきイメージが沸きあがってこない。よし頑張ろう!とお店に入っても、なかなか身体が動いてこない・・・その理由をひとりになって冷静に分析していくと、心の中の多くの部分が「不安」に覆われているのがわかる。施工や退去と対峙してきた反動や疲れもあるかもしれない。できてないことがたくさんあって悩みは尽きないけれど、ひとつづつ向き合って早くお店を軌道に乗せたい。問題ときちんと対峙できていれば、それほど悩まなくてもいいはず。
 
 
 
 
今井律子さんには、個展初日に来店いただいたのですが、そのあとにドライブイン茂木のみなさんや、建築家の町田泰彦さんにも立ち寄っていただいたので、今井さんの芳名帳(ノート)には、徳島での個展なのに何故だか地元・栃木県の住所がずらっと並んでいる笑。
 
なにはともあれ益子でお会いすることができたみなさんと再会できたことをとても嬉しく思って・・・あ、そのときのことを書いてないからわからないですね汗、、
記憶を遡って書く時間を作らないと!スミマセン。。
 
 
 
 
 
 
今井さんの個展にあわせて、益子の人と暮らしを伝える冊子「ミチカケ」手元にあったものを売場に置いています。"をちこち" にて立ち読み可能です。
 
 
 
 
 
益子から東京に戻ったあとに、ヨシタ手工業デザイン室の吉田守孝さんと横須賀雪枝さんのご夫妻のところにお邪魔しました。吉田さんは「柳工業デザイン研究会」の出身で、プロダクトデザイナーの柳宗理さんに師事しデザインと民藝を学んだ方。Casa BRUTUS の ”柳宗理 特別号” を目を皿のようにして読んでいた話をすると、出版時の苦労話も伺うことができました。
 
 
そのこともまたちゃんと書くとして・・・・
昨夜、ベッドに入ってから「あぁ、そういえばあのブルータスどっかにあるかなあ」と思い出しまして、夜中にベッド横の本棚をゴソゴソ・・・ありました!ありました!
 
勤務店では多くの柳宗理プロダクト取扱いさせていただいたし、当時から出西窯に何度か伺っていたので、リアリティを持って読むことができました。いまあらためて読むと当時の自分の稚拙さが痛いほどわかるというか、お前ホンマ何にもわかってなかったなって・・・汗、、本当の価値に気づかないまま販売していた自分が恥ずかしいなと感じます。
 
 
そうそう。この号の中に、吉岡徳仁さんと中原慎一郎さんのツーショットがあるのですが、中原さんが若い!!2001年の記事だから当たり前ですが・・・ちなみに中原さんは同い年!!人間的な魅力に溢れる素晴らしい方です。
 
そんな大変思い出深いカーサブルータスと一緒に引っぱり出した本が2冊あります。
ひとつは僕が最も影響をうけた冊子のひとつ「Re:s 」編集長の藤本智士さんには残念ながらまだお会いしたことがないです。「ふつう」「スタンダード」という言葉が気になりはじめたのはこの頃で、特にこの号は読み進めると一緒に旅をしているような感覚になった忘れられない一冊です。僕を小鹿田へと向かわせてくれたのは、もちろん民藝だったけど「Re:s」だったともいえるし、地域への眼差しを意識しはじめるのもこの頃からだ。
 
 
 
そして「自分の仕事をつくる」いま神山でお世話になっている西村佳哲さんの著書で、僕の周りでも読んでいる人が多いです。僕が憧れた先人のみなさんの「ありのまま」「素」が伝わってくる貴重なインタビュー記事です。いま読み返すと、改めて西村さんの仕事の質の高さを感じることができました。
 
 
この本で西村さんが柳宗理さんにインタビューしているのは1996年。(スターネットの馬場浩史さんに1998年、ヨーガン・レールさんには1999年にそれぞれインタビューしている)
 
1996年の僕といえば、前職の会社に勤めさせていただいていて、マイケル・ジョーダンや野茂英雄が好きでエアマックスを履いていた。
 
人よりも気がつくのが遅いし、自分のエンジンでは憧れる人たちとの距離は永遠に縮まることがないだろう。でもそれなりに挽回してきた20年だったかもしれないし、遅くても周回遅れでも長く走れば遠くまで行けるかなと思えるようになってきた。
 
 

何度も読んだ三冊をいま改めて読んでみると、当時とは違う感覚で自分の中で更新されました。今週は難しい舵取りが続くけれど精一杯頑張ります。

| comments(2) | trackbacks(0) | 19:06 | category: 今日はこんな感じ。 |
コメント
いつものようにきっと大丈夫ですよ。動いていればいつか必ず何か見えてくるんじゃないかな。そういう私も思うようにならなくて焦ることばかりだけれどできるだけ停滞せずに光線のような生活力を無くさないようにいたいです。
| しの | 2017/04/02 7:25 PM |

いつもありがとうございます。
ありがとうございます!
| 東雲 | 2017/04/02 11:03 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://note.sinono.me/trackback/2113
トラックバック
Selected Entry
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links