<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# アクセサリーでも免罪符でもない。

 

商売の基本は真似ることだ

利益の出るビジネスモデルをしっかりと研究する。
 
いわるゆるベンチマーキングというものは勤務先では結構やったし、上司が写真を撮るのを壁になって隠した。いい気持ちではなかったけど仕事だったし、見つからないように実行することこそマナーだと理解していたから、レイアウトや品揃え、什器や棚の高さ、床材の張り分けから備品まで、最後に勤めたお店の移転前にはそれなりに研究していたと思う。
 
 
 
東京に1泊2日で出張させていただく機会には、展示会は初日にすべて廻って、2日目は都内の店をギリギリまで見て廻った。僕は社内で出張できる立ち位置になれるまで、10年以上を要していたから、誰よりもその意味を重く受け止めていたとおもうし、何よりも知りたい気持ちが強かった。
 
IDEE、d&department、PFS、スタンダードトレード、36、ランダバウト、アウトバウンド、ポスタルコ、デルフォニックス、伊東屋、・・・強く印象に残り影響を受け続けるお店さんは他にもたくさんある。
 
 
ただ2日目にひとりで巡る東京は、いわるゆる店舗視察や競合店調査とは明らかに違っていた。内装やレイアウト、品揃えだけでもなく、そのお店ならではの魅せ方、売り方、伝え方だけでもなく・・・
 
僕が一番触れたかったのは、お店が築いてきた文化や姿勢、思想、つまりは「創業者の想い」であったと、いまはわかる。
 
 
 
たとえ同じ(ような)商品をセレクトしてあっても、想いの深さは違うものだ。
マークや印を集めたり、自分を飾るためのアクセサリー感覚の仕入や取引に何の意味があるだろう。
 
その軽薄さはやがてお店全体の気配となって現れる。
売れるから、なんとなくカッコいいからという軽いノリで扱うと続かないし、モノの価値の裏付を扱っているお店で判断しているとしたら、その辺りのバイヤーにはなれるかもしれないけど目利きじゃない。
 
僕にとっての取引先様は、運命共同体であって、アクセサリーや免罪符とは違う。
 
 
商売の基本は真似ることだ。
ただ上辺の技術を真似ても価値を下げるだけから、トップランナーのスピリットこそを学びたい。
 
 
 
僕の尊敬する、TOKUSIMA COFFEE WORKS の小原 博 社長に以前尋ねたことがある。
農産物であるコーヒー豆は毎年品質が違うはず・・・どのように選ぶのか、その判断基準について伺うと明確な答えが返って来た。
 
 
 
「もちろん味は大事だけど、最後は生産者の姿勢だよ」と。
 
 
尚之さんの仕事を伝えたい、ひとつでも多く遠近のお客様に届けます。
 
 
 
14日のトークイベントは、いまブログを読んでいただいてるみなさんにこそ来て欲しい。
私たちが私たちの地域の価値を理解していたい。それらを伝える役割があるとするならば、それは都市部のクリエイターの仕事ではなく、私たち自身の仕事ではないかなと思うのです。学びや気づきの溢れるトークイベントにしたいです。どうぞよろしくお願い致します。
 
 
 
 
"どの仕事の先にも、かならず人間がいる。わたしたちの働きの意味や質はその”人間”が、どんな存在として見えているかに懸かっていると思う。技術もやり甲斐も、そのあとをついてくるのではないかな"
 
西村佳哲 著 なんのための仕事? より抜粋
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:13 | category: プライベート |
# 宇宙船みたいな。

夕暮れ時にレターパックを出しに郵便局まで歩いたら
宇宙船みたいな大きな雲がでてた。
 
明日はいいお天気になりそうですね。
みなさまのご来店お待ちしています。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:33 | category: プライベート |
# ベトナム土産。

古い神山の友人がベトナム土産を届けてくれて、
アジアのデザインがガツンと目に入ってきた。
 
味はまあ・・・どれも微妙な判定かもしれないけど
現地の空気感が押し寄せてくる感じがとても楽しい。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:22 | category: プライベート |
# 気持ちを整えて。

 

自分の思い通りになることなんてほとんどないけど
気持ちを整えてお店と向き合う。
 
お客様の笑顔に助けられるのは、会社員のときから同じだけど、お店はそういうところがいいなと思います。
 
 
 
30代に入った頃から、自分はどっちかいうと現場の方が能力を発揮できると感じてたし・・・今もそうです。土壇場になって現場でなんとかしてくれ的な仕事になるといつもより燃えた。
 
でも最近はなんとなくですが、ディレクター的な仕事がやってみたいとも思うようにもなってきました。いつかそんなチャンスがあればいいけれど・・・先ずはお店を整えていくことを第一に考えていきます。
 
  
  
 
そういえば、WBCの準決勝、勝負は紙一重でした。
結果は残念だったけど、内川選手の涙に心が動かされました。
で、昨夜は今野選手のゴールを見てスッキリしてから眠りました。
光の入る角度がだいぶ変わってきました。
コーヒーを淹れて、気持ちを整えて神山へ行ってきます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:35 | category: プライベート |
# 姉から。

昨日は母親から(最近ようやく携帯電話を使うようになった)電話があったかと思えば、今日は姉から電話があって。「あんたの店はどこかしら?」と。差し入れを持ってきてくれた。おそらくは母親が姉に僕のことを相談したのでしょうか汗、、
 
 
申し訳ないなと思いつつ、静かに店作りを進めております。
なんとなく普通の店じゃないことに、気づいているような気づいてないような・・・
 
 
「ところでなんで素麺売ってるの?」
 
 
それはですね、美味しいからだよ。
ひとつもって帰って食べてみてよー
 
 
 

〒770-8040

徳島市上八万町樋口266-1 遠近(をちこち)

tel&fax 088-612-8800

instagram  ochicochi_info

OPEN 11:00-18:00

 

 
グーグルマップだと、だいたいの方が迷わずにご来店いただいているようです。
”をちこち” は絶賛プレオープン中です。みなさまのご来店お待ちしております。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:32 | category: プライベート |
# 金柑。

 

昨日、父と兄に手伝ってもらい、実家に余った地松を保管しました。
道路沿いの立地なので、裏山を見上げるとここも例のごとく、しだれ桜が植えられております・・・汗、、
 
 
子どもの頃はまだ小さかった栗が大きくなって枝振りもいい感じ!!(左)
父もいい栗ができるからと、あの木は切らなかったらしい。なんだか嬉しい。
 
 
 
 
 
庭の片隅に植えられている「金柑」を少しもらってきて飾りました。
まあ食べられるけどちょっとでいいかな〜笑。
 
漬けてシロップにしても美味しいかもですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:48 | category: プライベート |
# 楽しいひととき。

 

西:今日お店何時までやってるの?
東:何時まででもやってますので是非!
 
神山町でよくご一緒させていただく西村佳哲さんが遊びにきてくれました。
2月のサンフランシスコベイエリアのツアー以降は、ゆっくりお話できる機会がなかったので、とても嬉しかったです。
 
 
西村さんが神山へと引っ越してきてから、僕は何度も学びの機会をいただいていています。
本当に幸運だと思うし、これからもたくさんのお話を伺いたいです。
 
 
楽しいひとときをありがとうございました。
明日も頑張れそうです。
カリフォルニア州デイビスにあるコウハウジング Village Homes を見学させていただいたときの一枚。(中央の青いアウターが西村さん)環境共生住宅としても有名なこの施設の計画について熱心に質問されていました。このとき案内してくれた住人の方が、この場所をすごく愛していることが伝わってきたことがとても印象に残っています。
 
来年、神山町に移住者向けの集合住宅ができます。
ふるさとを誇りに思う、愛される場所になると確信してます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:31 | category: プライベート |
# 土須峠を越えて。

 

拝宮で紙を漉いたあと、ミーティングのため神山町役場へ。
グーグルマップで調べると、土須峠を越えたら1時間半で着くらしい。
 
ということで標高1000メートル級の峠へ、修理を終えたばかりの愛車で向かいます。
(あ、先日戻ってきたんですよ。調子いいです。)
 
 
 
途中で覗いた「大釜の滝」とてもきれいでした。
店主は高いところはあかんので足がぞわぞわ・・・
 
土須峠で検索すると自転車関連の情報がたくさん出てきます。
愛好家のみなさんは、あの道をチャリでいくのか・・・と思うとちょっと信じがたいですが、どうやら人気コースのようです。
 
無事にミーティングにも間に合って良かったです。
山の空気は気持ちいいですね。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:18 | category: プライベート |
# 久しぶりの。
今日は久しぶりにコーヒーを淹れました。
体調を悪くしてしまったので、しばらく控えておりました。
 
1週間ぶりのコーヒーはまた格別・・・沁みました。
東雲ブレンドは今週末入荷予定です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:05 | category: プライベート |
# だから私は広島へ来る。
 
 
テレビで大統領就任式の様子を見守ったのが2009年・・・本当に早いです。
 
2月に海外へ出られたことは、あらためて良い機会だったと感じています。
「ちゃんとしたものを食べていたら戦争なんかしなくていいんだ」
訪れた農園主のボブ・カナートさんはそんなことも話してくれたと思う。
 
  
ぼんやりと過ごしていれば、平和な世の中のありがたさや、土地の魅力も気づかなくなってしまう。こんなこと書いてると堅苦しい店主みたいだけど(現実にそうですが)お店を楽しく正しい場所にしたいからこそ死ぬまで学び続ける。
 
 
柳宗悦は、戦時中に岐阜提灯のことを「平和を愛する心の現れがある」と評して検閲対象となったり、日本が支配下においた朝鮮半島への施策に反対し特高警察に監視されたりしたそうです。
 

たとえば、沖縄へ行って「やちむんだけ見てくる」なんてできない。
”民藝”を掲げたモノを選ぶ職業だからこそ戦争と平和について考え続ける。
 

もし戦争がなかったなら、祖父が戦死してなかったら、集めていたという骨董の話も少しは聞けたかもしれない・・・先人が今の環境を残してくれたから、自分がチャレンジできていることはきちんと理解していたい。

 
 
 
 
以下はフェイスブックお友達の国廣さんの記事から。
 
"国や誰かが謝罪やつぐないをし合って収拾がつくような出来事でもない、殺戮の結果を謝罪しても死者は戻らない。人間の愚かさと時代の価値観の変化を彼が代弁してくれたと考えれば、それだけ選び抜いた言葉を、大統領の立場である氏自身が用意してくれたことに感謝が出来る気もした"
 
 
 
建築家の丹下健三さんも現職の大統領が訪れたことをきっと喜んでいるでしょう。
いつかまた広島へー平和記念公園を訪れます。
 
東雲を楽しく正しい場所にしたい。だから明日も頑張ります
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:03 | category: プライベート |
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links