<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# ハトを、飛ばす。

 

益子在住の建築家・小説家・映画監督である町田泰彦氏の作品『ハトを、飛ばす』の上映会を神山町で開催します。
 
 
 

日時:2017年12月2日(土)17:00開演/16:30開場
場所:西分の家  名西郡神山町鬼籠野字西分213(Pあり)

定員:20名程度
会費:1.000yen(当日会場にてお支払い下さい)
お申し込み方法:メールにて受付ます event(at)ochicochi.info

       (お手数ですが、at を@に打ち変えてください)
お問い合わせ:遠近 をちこち  tel 088-612-8800

  

 
映画上映後に町田さんとのお話できる時間をつくります(18:30-19:30)
また20:00-22:00の予定で food hub project かま屋さんにて懇親会も開催します。
ご参加希望の方は「懇親会も希望」と名明記してください。

(懇親会は10名程度の定員で予定しています/先着)

 

 

*西分の家へのアクセスは、こちらもご参考にどうぞ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:40 | category: リスペクト。 |
# 映画「ハトを、飛ばす」上映会のお知らせ。

 

映画「ハトを、飛ばす」上映会のお知らせです。

 
益子在住の建築家・小説家・映画監督である町田泰彦氏の作品『ハトを、飛ばす』の上映会を神山町で開催します。

 

町田さんは、西村佳哲さんのご紹介で、今年の2月に益子にあるご自宅へとお伺いさせていただきました。その後、当店にもお立ち寄りいただくなど、ご縁をいただいておりまして、今回の上映会の開催をお手伝いすることとなりました。

 

会場となる「西分の家」がある神山町の鬼籠野(オロノ)は、僕の母の出身集落で、会場近くに親戚もあります。徳島市内からそれほど遠くなく、とても落ち着ける場所なので、週末に映画を見るには良い環境だと思います。

 
不明な点などございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。
皆様のお申し込みをお待ちしております。

 

 

日時:2017年12月2日(土)17:00開演/16:30開場
場所:西分の家  名西郡神山町鬼籠野字西分213(Pあり)

定員:20名程度
会費:1.000yen(当日会場にてお支払い下さい)
お申し込み方法:メールにて受付ます event(at)ochicochi.info

       (お手数ですが、at を@に打ち変えてください)
お問い合わせ:遠近 をちこち  tel 088-612-8800
  

 
映画上映後に町田さんとのお話できる時間をつくります(18:30-19:30)
また20:00-22:00の予定で food hub project かま屋さんにて懇親会も開催します。
ご参加希望の方は「懇親会も希望」と名明記してください。

(懇親会は10名程度の定員で予定しています/先着)

 

 

*西分の家へのアクセスは、こちらもご参考にどうぞ。

 
 
 
ハトを、飛ばす(以下、町田さんのブログより抜粋)

ぐっすりと寝た後だったのか、深い眠りにつく前だったのか、ふと、自分は、ハトの映画を撮るのかなぁ、とぼやぼやとした意識のままに映画を撮るそのことだけを決めたのが2010年の暮れでした。「レース鳩」を撮りたいと山崎農園の山崎光男さんに伝え、中古カメラなどの機材を購入したりして準備をしていた矢先、東日本大震災が起きました。

 
体験したことのないほどに揺れたその夜、大地がひたすら恐ろしくなって見上げた空に境界はなく、満天の星が瞬いていて救われる思いがしました。都市のあかりの届かぬ空に敷き詰められた無数の光源に見とれていた私はその時、少しだけ古代の人に近づいていたのかもしれません。けれども数日が経ち原発が爆発すると、今度はその空を見境もなく渡る風のこと、そして、その風が触れた土のことが無闇やたらに恐ろしく感じられ、そうなって、私は私自身をつくづく現代に生きる人なのだと思い知りました。

町田泰彦
1975年、関西に生まれる。

幼少期を四国やニュージーランドといった自然が豊かな都市で過ごす。

4年間ほど北鎌倉に住み、町田設計事務所を同地で設立させる。

2005年益子町に事務所を移転させる。
2006 年から2009年にかけてカフェギャラリー『スターネット』の建物の新築/改修設計を担当。
2013年、2015年には益子町主催のアートフェスティバル 『土祭(ヒジサイ)』に参加。
2011年第一回短編小説『ハトを、飛ばす』を発表した後、

同名のドキュメンタリー映画を2016年に発表。
2016年『ドライブイン茂木』の立ち上げに関わり、同所で古本屋の営業や映画上映を企画。

主に住宅を設計しながら建築現場でも大工として働き展覧会やオープンハウスを通じて作品を紹介しつつ、

生活のための表現(芸術)を実践している

 

仏生山×神山  映画上映

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:52 | category: リスペクト。 |
# どうせこういう世界で仕事をするのなら、そういう現場にいたい。

 

お茶タイムに妻が作ってくれた渋皮煮をいただきました。
 
後輩の貸した本が戻らないのでまた買いました。
Made in Local. のゲスト 原 比呂志さんのことは、この著書でしかわからないので・・・あらためて熟読します。トークイベント内でも話すと思うのですが、何度も何度も読んだくだりがあります。
 
 
 
"歴史に残るデザイナーたちもただ楽しかったんだと思う。そのエネルギーがある時代にはルネッサンスになり、モダンデザインになり、そして文化になってゆく。それはとても豊かなことですよね。でも今の時代を見ていると、その楽しさが文化になる前に消費している。使い捨てていて。 もっと大切にモノを生み出して、いろんな人の顔を思い出しながらアップデートしてゆくと、また新しいモノができると思うんです。 どうせこういう世界で仕事をするのなら、そういう現場にいたいー”
 
なんのための仕事? 原 比呂志さんへのインタビューより抜粋
 
 
 
どうせこういう世界で仕事をするのなら、そういう現場にいたいー
同じ想いを抱いて明日も頑張ります。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:39 | category: リスペクト。 |
# 大好物。

建具のリズムも植栽も大好物でした。
またお伺いしたい場所です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:41 | category: リスペクト。 |
# 佐々木くんから。

 

山陰の名店オブジェクツの佐々木くんに地元ロースターのコーヒーをいただきました。
(厳密には半田素麺と交換/素麺外交の成果です)
 
何度かお邪魔させていただいておりますが、本当にいいお店です。
松江に行く機会がございましたら是非に。
 
 
 
 
HPもきれいで伝わってくる。
もちろんオーナーの熱量によるところが大きいけれど
実体と乖離のないHPって少ないから参考にしたいです・・・
 
あーいい店だな、ちくしょう!
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:54 | category: リスペクト。 |
# 愛しかない。

小代焼ふもと窯  井上尚之さんから荷物が届きました。
今回は少しだけですが来月には追加も届くのと・・・9月末には個展を開催します。
 
 
愛しかない。
尚之さん本当にありがとう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:24 | category: リスペクト。 |
# いい仕事がしたい生き物。

人はいい仕事がしたい生き物だ。
明日も頑張ります。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:29 | category: リスペクト。 |
# ありがとうd&d大阪店。

 

d&department 大阪店が移転のため本日で閉店となりました。

最後にもう一度だけ、お伺いしたかったのですが・・・叶わず。

 

東雲からナガオカさんには、大変お世話になってきたし、大阪店の野口店長は民藝繋がりで、何度もお話しさせていただく機会がありました。

 
 
 
 
東尾さんはどこのお店が好きですか?おすすめですか?
 
そうお客様に尋ねられたら、僕が関西圏で一番に名前をあげるのはd大阪店でした。
カフェの雰囲気も大好きな素晴らしいお店でした。
 
 
実のところ相当ショックで、今もまだ、どうして??もう少しだけでも!という気持ちが強いのですが、移転されるとのことですのであたらしいお店も期待しています。
 
 
僕は常にこのロングライフデザインのメッセージとスタイルのあるお店に、物販店の在り方について大きな影響を受けてきたと思います。
 
またいつかご一緒させてください。本当にありがとうございました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:31 | category: リスペクト。 |
# 四国の民藝地図。

 

鳥取民藝協会主催の民藝夏季学校の帰りに、いつもお世話になっている岡山にある骨董屋さんに伺いました。事前に電話で「引っ越しの報告に伺います」と伝えたらなんとなく声が弾んでいる??・・・気がしたような?
 
 
到着して近況を報告すると・・・
 
 
 
「これだ、これ」
「四国の人が来たらな、高く売ろうと思って待ってたんだ」
 
 
 
さっそくプチプチで包みはじめるではありませんか。
えええーーと呆気にとられていると
 
 
 
「いいものだ」
「これを飾りなさい、いい仕事をしてくれるから」
 
 
 
そして「もう出てこない。金に困ったら売れ」と。
 
 
 
 
作者の岡村吉右衛門さんは、鳥取の出身だそうです。
芹沢門下であることしか知らなかったのですが、偶然にも2月にヨシタ手工業デザイン室の横須賀さんに、図録を見せていただいたところでした。
 
 
 
 
 
 
昭和52年の四国の民藝地図です。
僕もまだ5歳、当時の手仕事に想いを馳せますー
吉右衛門さんのことは、これからゆっくりと知りたいです。

 

 

 

「これを飾りなさい、いい仕事をしてくれるから」
 
 
 
僕にとってはこのオーナーの言葉がすべてです。
大事にしたいと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:54 | category: リスペクト。 |
# 十郎さんに会う。

齊藤十郎アニキにお会いしてきました。
登り窯もカッコ良く完成し次回は三度目の窯炊きとなるそうです。
 
いくつか買い付けてきたので、来週あたりお店に並びます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:53 | category: リスペクト。 |
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links