<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 藍染バッジ。

三木真由美さんの製作する藍染バッジが再入荷してます。

 

阿波藍の灰汁発酵建の染料で染めた布を使っています。
徳島のお土産に、県外のお友達のプレゼントにおすすめです。
 
この土地の青を身につけてみてくださいね。
お皿は森崇史さんのテストバージョンですー
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:38 | category: 藍染のこと。 |
# 赤花千本。

 

いつもの通り夕方に藍の水やりに行くと・・・あっ!と、

思わず声をあげてしまいました。

春から育ててきた蓼藍 "赤花千本” が赤い可愛い花をつけました。
 
 
 
 
花が咲いちゃうと葉はふにゃーとなるので、本来は咲く前に刈り取るのだけど
週末に奈良から修復士の安さんが生葉を見に来るので、刈らずに置いてあったのです、汗
 
安さんが漆に藍を混ぜる研究をされているので、お話を伺うのがたのしみなんですが・・・
うーん、微妙なタイミングだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:01 | category: 藍染のこと。 |
# 続・だんだんと青く。

強さを秘めたような、自然の色・・・

先日刈り取った藍が乾燥してこんな色になりました。

青くみえるのは、葉にインディゴが含まれているからです。(あたりまえですね)

 

阿波藍は、この乾燥葉を発酵させてつくる「すくも」のことです。
藍師が9月から約100日をかけてつくります。
| comments(0) | trackbacks(0) | 03:29 | category: 藍染のこと。 |
# だんだんと青く。

敷地の片隅で育ててきた藍は、花が咲く前に刈り取りをする予定ですが、
今日、展示用に一束だけ刈ってドライにしてみることにしました。
 
 
今は元気な緑ですが、乾くとだんだんと青くなってきますのでお楽しみに。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:58 | category: 藍染のこと。 |
# 西千晶さんの阿波藍のコースター。

 

徳島在住の染織作家・西千晶さんの阿波藍のコースターが再入荷しています。
すべて阿波藍の灰汁発酵建ての染料で染めた糸を使っています。
 
 
 
 
 
阿波藍の魅力を織りで引き出す・・・さまざまな表情を見せてくれています。
 
昔ながらの着尺高機でひとつひとつ織り上げています。
手数が必用となる細い糸を使うもの彼女の作品の特徴です。
 
 
 
西 千晶  nishi chiaki
徳島市生まれ。 多摩美術大学にてテキスタイルデザインを学ぶ。
2015年に帰郷し 藍染と手織りをベースに 製作活動をはじめる。
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:39 | category: 藍染のこと。 |
# 正しいものを世の中に届けたい。

 

今年も徳島市の阿波踊りは見に行けず。
この期間はお店しっかりやりたいと思うので、この先10年くらいは行けないかもしれないけど・・・その頃も変わらず、手ぬぐいの製作も頑張りたいし、何よりも正しいものを世の中に届けたい。
 
 
その頃には、愛情や興味もない人たちは退場してもらう・・・というか
オリンピックが終わったら何処かへ行くのだろうけど。
 
 
こういった心ない行為こそが、デザインとかブランディングという言葉を胡散臭くしている。
行政は会社じゃないけど、おそらくは決裁までにこの企画書を何人かの責任者が目を通しているはずだし、ましてや現物を手にした職員の誰ひとりとして異論を唱えなかったとしたら本当に信じられない。
 
 
もしこのブログを読んだ関係者がいるなら説明してほしい。
社会に対する怒りみたいなのがないと、良いものは生まれない。
この状況に違和感のある人じゃないと、正しい価値は作れないと僕は思う。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:01 | category: 藍染のこと。 |
# 自分も製作しました。

 

染色作家のローランド・リケッツさんがお店に寄ってくれたり
くるみの木の石村由起子さんに、神山でご挨拶できたりと、嬉しい再会や出会いが続きました。ありがとうございます。
 
 

阿波藍の手ぬぐい展 今日からはじまります。

今年は自分が製作したものも一枚くらいは出そうかということで、、

 

ちょっと恥ずかしいですけど、、

売場でみつけたら手に取ってみて下さいね。

 

ご来店をお待ちしています。

| comments(0) | trackbacks(0) | 07:59 | category: 藍染のこと。 |
# 藍色展。

 

藍色展 日本の色を支える阿波藍 開催のお知らせです。
 
場所:徳島県立二十一世紀館イベントホール
会期:2017年2月25日(土)ー3月5日(日)
主催:徳島県・文化立県とくしま推進議会
 
衣類をはじめ、インテリア、アクセサリー、文房具、アートなど、阿波藍にこだわりを持つ県内外作家の作品が揃っています。恥ずかしながら僕も出ておりますのでよろしくお願いします。
 
 
 
藍のネクタイもカッコいいです。県民男子は全員これでもいいですね。
 
 
今日、搬入があってたくさんの方にお会いできました。
徳島らしくLED照明も素晴らしいですよ。この機会に是非お出かけ下さい。
 
会場から、をちこち は、車で5分程度です。
こちらも是非お立ち寄りくださいませ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:45 | category: 藍染のこと。 |
# 糸を染める。

染織作家の西千晶さんが糸染めする様子を見せていただきました。
この日は染料の調子もよく、色を重ねることでさらに濃く力強い色に。
 
西さんのことは改めてご紹介しますが、彼女の織るストールにはぎゅうっと心を動かされます。8月2日からスタートの「阿波藍 徳島の色」では、コースターやランチョンマットを出品予定です。お楽しみに!
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:06 | category: 藍染のこと。 |
# 阿波藍の発色。

阿波藍の天然灰汁発酵建で染める。
毎回違う色に染まる。同じ青はない。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:17 | category: 藍染のこと。 |
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links