<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 自然の色の組み合わせ。
 
青森でつくられる「あけびかご」のFBページに掲載する写真を撮っていて
なんとなく、藍染の手ぬぐいを入れてみたらとてもいい感じ。
 
異なる土地でうまれたものだけど
この自然の色の組み合わせが、とても美しく魅力的に見えた。
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:00 | category: 組み合わせについて考える。 |
# 違うように見えて、どこか近い。
 
北欧と沖縄。10月12日(土)よりスタートです。
 
Prae Interior 香川拓也さんのトークイベントも予定しています。
ご希望の方はメイルにてお申し込み下さい。定員は両日とも10名です。
 
life(at)sinono.me  (@に打ち変えてください)
北欧と沖縄トークイベント希望/氏名/ご連絡先/開催日を明記してください。
 
イベント詳細も追ってご案内いたします。よろしくお願いいたします。

■第1回 10月12日(土) 19:30〜21:30頃
 TALK NIGHT 1,000yen  
 ※ワンドリンク付

■第2回 10月25日(金) 19:30〜21:30頃
 CAFE NIGHT 1,500yen 
 ※カフェドリンク

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:00 | category: 組み合わせについて考える。 |
# ざつぼく。
上勝から薪が届いた。
ちなみに薪ストーブはありません(笑。
これは何の木なんですか?と尋ねたら。
「雑木(ざつぼく)ですね」というお返事でした。
よく見たら、桜やクヌギのようです。


「ざつぼく」という言葉はやや荒っぽく聞こえる。
どうやら昔の林野庁の打ち出した植林行政のなごりらしく
建築の構造材として利用価値の高い杉と檜以外の木材のことだ。


抱えた薪を誤ってコンクリートの上に落とすと「カコーン」と甲高い音が響いた。
この薪は伐採から3年ほど経過したもので、しっかりと乾燥している。


打ち合わせで薪のアイデアがでた瞬間、上勝の風景という記憶に直結した。
暑かったあの8月の経験は、確実に東雲と繋がりはじめた。


| comments(0) | trackbacks(0) | 00:52 | category: 組み合わせについて考える。 |
# 定番×定番
今日のコーヒーの相方はリッツ。
昔から大好きなお菓子です。
パッケージの色使いなんかも好みです。
出西窯のカップでコーヒー&リッツ。
ちょっと嬉しいブレイクタイムです。


リッツは誕生から70年以上経つロングセラー品。
ある意味アメリカの伝統的なお菓子ともいえます。
僕が生まれる前から日本でも販売されていたようです。


出西窯は創業から60年あまり。
健康であたたかい暮らしの器を作り続けている。


アメリカのお菓子と現代の民藝を代表する窯元。
一見、全く違う場所に存在しているような両者ではあります。


それでも「ベーシック」「スタンダード」「定番」
両者をそういった視線をみていくと。
なんだかオイシイ組合わせのようなような気が・・・します??


今の時代は、クリック一発で何でも買えます。
本当に便利。
ならば、わざわざお店に足を運んでもらう理由ってなんだろう?
そこに行かないと出会えない何か。


まだ誰も考えたことのないような組み合わせで
あたらしい生活シーンを創造すること。


それはこれから探求してみたい
人生の楽しみのひとつでもあります。





| comments(0) | trackbacks(0) | 23:32 | category: 組み合わせについて考える。 |
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links