<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# ラマザンさんと旅にでよう2.

 

イベントの準備になると、売場をガーっと動かす必用がでてくるので

毎回ドタバタしますが、今回はいつも以上のドタバタぶりで・・・汗、
 
良質のキリムとギャッベをご紹介できる売場がなんとか整いました。
このブログでも、できるかぎりご紹介させていただければと思います。
 
今回のイベントでお世話になってる abraj のラマザンさんは
オーランドブルームばりの男前です。土日も来てくれるのでこの機会に是非!?
明日はかまパンの日です〜!
ラマザンといっしょに神山行ってきます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:45 | category: 遠近 |
# 生命の樹。

一番大きなギャッベを藍の壁に飾りました。
木の文様は「生命の樹」と呼ばれるもので、家族の健康や長寿そして成長を願うものです。
 
いつもと違う店内の雰囲気も楽しんでいただきつつ
本当に良いものに触れてください。
 
皆様のご来店をお待ちしております。
 

Nomadic Handwork kilim&gabbeh

2017年11月17日(金)~ 26日(日)
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:45 | category: 遠近 |
# 映画「ハトを、飛ばす」上映会のお知らせ。

 

映画「ハトを、飛ばす」上映会のお知らせです。

 
益子在住の建築家・小説家・映画監督である町田泰彦氏の作品『ハトを、飛ばす』の上映会を神山町で開催します。

 

町田さんは、西村佳哲さんのご紹介で、今年の2月に益子にあるご自宅へとお伺いさせていただきました。その後、当店にもお立ち寄りいただくなど、ご縁をいただいておりまして、今回の上映会の開催をお手伝いすることとなりました。

 

会場となる「西分の家」がある神山町の鬼籠野(オロノ)は、僕の母の出身集落で、会場近くに親戚もあります。徳島市内からそれほど遠くなく、とても落ち着ける場所なので、週末に映画を見るには良い環境だと思います。

 
不明な点などございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。
皆様のお申し込みをお待ちしております。

 

 

日時:2017年12月2日(土)17:00開演/16:30開場
場所:西分の家  名西郡神山町鬼籠野字西分213(Pあり)

定員:20名程度
会費:1.000yen(当日会場にてお支払い下さい)
お申し込み方法:メールにて受付ます event(at)ochicochi.info

       (お手数ですが、at を@に打ち変えてください)
お問い合わせ:遠近 をちこち  tel 088-612-8800
  

 
映画上映後に町田さんとのお話できる時間をつくります(18:30-19:30)
また20:00-22:00の予定で food hub project かま屋さんにて懇親会も開催します。
ご参加希望の方は「懇親会も希望」と名明記してください。

(懇親会は10名程度の定員で予定しています/先着)

 

 

*西分の家へのアクセスは、こちらもご参考にどうぞ。

 
 
 
ハトを、飛ばす(以下、町田さんのブログより抜粋)

ぐっすりと寝た後だったのか、深い眠りにつく前だったのか、ふと、自分は、ハトの映画を撮るのかなぁ、とぼやぼやとした意識のままに映画を撮るそのことだけを決めたのが2010年の暮れでした。「レース鳩」を撮りたいと山崎農園の山崎光男さんに伝え、中古カメラなどの機材を購入したりして準備をしていた矢先、東日本大震災が起きました。

 
体験したことのないほどに揺れたその夜、大地がひたすら恐ろしくなって見上げた空に境界はなく、満天の星が瞬いていて救われる思いがしました。都市のあかりの届かぬ空に敷き詰められた無数の光源に見とれていた私はその時、少しだけ古代の人に近づいていたのかもしれません。けれども数日が経ち原発が爆発すると、今度はその空を見境もなく渡る風のこと、そして、その風が触れた土のことが無闇やたらに恐ろしく感じられ、そうなって、私は私自身をつくづく現代に生きる人なのだと思い知りました。

町田泰彦
1975年、関西に生まれる。

幼少期を四国やニュージーランドといった自然が豊かな都市で過ごす。

4年間ほど北鎌倉に住み、町田設計事務所を同地で設立させる。

2005年益子町に事務所を移転させる。
2006 年から2009年にかけてカフェギャラリー『スターネット』の建物の新築/改修設計を担当。
2013年、2015年には益子町主催のアートフェスティバル 『土祭(ヒジサイ)』に参加。
2011年第一回短編小説『ハトを、飛ばす』を発表した後、

同名のドキュメンタリー映画を2016年に発表。
2016年『ドライブイン茂木』の立ち上げに関わり、同所で古本屋の営業や映画上映を企画。

主に住宅を設計しながら建築現場でも大工として働き展覧会やオープンハウスを通じて作品を紹介しつつ、

生活のための表現(芸術)を実践している

 

仏生山×神山  映画上映

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:52 | category: リスペクト。 |
# 定休日のお知らせと。

 

いつもありがとうございます。

 

11月15日(水)・16日(木)遠近 をちこち は定休日です。

どうぞよろしくお願い致します。

 

fabrica.の受注会にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

一部アイテムは延長して展示できそうですので、お気軽にお声かけ下さいね。

 

 

17日(金)より Nomadic Handwork kilim&gabbeh がスタートしますので

今日明日で、トルコからの荷物に併せて売場を大幅に変更して臨みます。

 

遠近 をちこち では、野鳥の鳴き声が心地よく響いています。

皆様、よい一日をお過ごし下さい。

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:17 | category: 営業日時についてのお知らせ。 |
# fabrica.受注会最終日。

 

友人がふらりと寄ってくれて、fabrica. #0002 AG を注文してくれました。

あー助かる〜と思いつつ、地域のまじめな話もいくつか・・・

 

徳島県内にも積極的に動いている自治体はあるのだけど、

いままでそれほど話題のなかったエリアからも、面白い話が聞こえてきたりして、

これから徳島ももっと変わっていくんだと思います。

 

モノを通して見える世界もあれば、モノを使うことによって変わる暮らしもある。

僕はお店を通じて made in local. というメッセージを発信しつづけます。

fabrica. japan made product. 受注会は、11月14日(火)最終日です。
どうぞよろしくお願いします。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:48 | category: 遠近 |
# 今日も頑張ります。

 fabrica. #0002 カーキ (店主使用と同型です)
 
今日も「伝える店」頑張ります。
ご来店をお待ちしています。
 
 
 
 
〒770-8040
徳島市上八万町樋口266-1
tel&fax 088-612-8800
営業時間 11:00 - 18:00
水曜日 定休/木曜日 不定休
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 遠近 |
# 静かな日曜日でした。

いつもありがとうございます。

 

今日は静かな日曜日でした。

ご来店いただいたお客様にはゆっくりと選んでいただけたし、日中はシャッターをあけて山から降りてくるいい空気を吸ってみたり、どんぐり拾ってみたり・・・商売としては問題ありありですが、、この場所ならではのいい時間を過ごすことができました。

fabrica. #0001 トートバッグです。
ブラウンは、初回の受注会以来の一番人気(意外ですよね?)です。
 
 
 
この特別な先染特級9号帆布は、バイストン社の中でもfabrica.だけに使われる別注生地。カラーリングは、バッグディレクターの北島さんが日本の伝統色を意識しつつ、大きな熱量をもって決めたものだから・・・どれもいい。お客様が悩む光景をもう何度も見てきましたが、選んでいただけることは本当嬉しく思います。
 
 
長く使える定番、じわじわと販売させていただいております。
fabrica. japan made product. 受注会は14日(火)まで好評開催中です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:00 | category: 遠近 |
# 雑誌 民藝 779号。

 

雑誌 民藝 11月号(779号)が入荷しました。
古道具坂田 坂田實さんの図版掲載工芸品インタビューは必見!これ目から鱗です。
 
 
 
恥ずかしながら、僕も小さく地味にデビューを飾りました・・・!
(本文では若干野望に触れつつ)
 
 
大変よい機会をいただき嬉しく思っています。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:29 | category: 遠近 |
# キリム。

キリムは、トルコ・アナトリア高原から中央アジアに住むチュルク族や遊牧民たちが織る平織りの敷物です。
 
14日からはじまるイベント Nomadic Handwork. に併せて、一部が先行入荷してきました。
 
 
 
細い糸で織りあげられた、日本国内でほとんど見る機会のないアイテムも入荷してきました。どのくらいの手間と時間を要しているのか、想像することすら容易ではありません。
これは店主がぐっと心を掴まれている一枚です。
 
Nomadic Handwork.どうぞ御期待ください!
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:29 | category: 遠近 |
# グァテマラのオーガニック。

 

妻が買ってきてくれた、グァテマラのオーガニックコーヒーが美味しい。

コーヒーなのにジューシーで芳醇。(もちろん上手に淹れられるとの話です)

 

オーガニックのコーヒーは味にばらつきがでるものが多いせいか

純粋に美味しいものと出会ったことが今まであまりなかったのですが、
美味しいものが流通するようになったら、間違いなく選ぶと思います。
 
大谷焼 森陶器 森 崇史さんのマグカップ(試作品)でいただきます。
一日三杯飲んで、藁灰の釉薬にどのくらいの貫入があるか検証中です。
 
コーヒーのこともこれからもっと学びたいですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:01 | category: プライベート |
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links